ラガマフィンの姉妹猫レイラとコバンの日常を綴る親ばかネコブログです

コバンちゃんの病気と覚悟なんかできない飼い主

2020/03/07
レイラとコバンのメモ帳 0
22日の猫の日の夕方、コバンちゃんのお尻がずっと濡れてるの事気づきました。
病院はすでにお休みに入っていて、いつもの病院の緊急連絡先に電話するもつながらず、
休み明けに連れていくことにしました。

翌23日が一番具合が悪そうだったコバンちゃん。
ほとんどつきっきりで過ごしました。
少しずつご飯も食べてくれるようになり、
24日には漏れも減り、ちょっとだけ元気も出てきたようにみえました。

連休明けの25日に病院へ連れて行き、
お腹の毛も全部剃って、一通りの検査をしてもらいました。
子宮蓄膿症との診断。
手術を勧められましたが
発作があるので50%の確率とのこと。
手術が成功しても、全身麻酔の影響で発作が頻発したり悪化したりする可能性も高く、
それが原因で亡くなる子もいると説明されました。

最初より少しずつ元気になっているように見えたし、
今でも全身を打ちつけながらバタバタと痙攣する発作の悪化なんて怖すぎる。
何よりコバンちゃんを今すぐ失うかもしれない手術には踏み切れない事を伝え、
回復してくれることを信じて、お薬を試すことを選択しました。
先生には手術以外で治る見込みはほとんどないから
もう覚悟する時期ですとその場で言われました。

漏れてるのはティッシュで拭くとほとんど透明で、
ペットシーツを見ると薄い茶色っぽい色。
それも心配だったんだけど
先生はそれについては何も説明してくれず、
今は命にかかわる子宮の病気が最優先と言われただけでした。


コバンちゃんを連れて帰ってから
ネットで色々調べても、ほとんどが手術しかないという記事。
手術を選ぶべきだったのかもと悩みながら、
コバンちゃんからできるだけ目を離さないように、
ちょっとでもたくさんご飯を食べてくれるようにと
起きた時にはご飯を食べさせるようにして一緒に過ごしていたので
ツイッターもブログもお休みしていました。

ちょっとずつ食欲も元気も出てきて、
今は食欲もあり、ほぼ普段に近いのコバンちゃんに戻ってますが、
遊ばなくなりました。



25日からは毎日2回、抗てんかん薬(1個半)に加え、
アモキクリア錠100を半錠、
1日1回ビクタスSSを1錠を飲んでもらってます。
この薬は病院に行った日は飲ませず、注射してもらいます。
病院では注射と点滴をしてもらってます。


写真は昨日、3月6日のコバンちゃんです💕

かわいいラガマフィン猫コバン




昨日、パパが帰ってきてから
コバンちゃんがおさかりになってしまい、また悪化しないかとても心配です。
このまま元気に過ごして欲しいです。






コバンちゃんの可愛いちょびペロ♥

2020-03-06_50.jpg




具合悪くなってからコバンちゃんの様子をメモしてきたので
前後してしまうけど、これから少しずつブログの方に書いていきたいと思います。




2020-03-06_51.jpg





その間動画や写真もたくさん撮ってるので、
Youtube等にアップしてブログに貼りたいと思います。
高画質で残せるのでできるだけYoutubeを利用したいのですが
タイトルなど面倒な作業は省こうと思ってます。




時々だけど、動きにも反応してくれます。
こっち向いて~してる私の指を見上げてます💕

見上げるラガマフィン猫コバン





いい加減確定申告もやらないといけないので
ブログもなかなか進まないかもしれませんけど、
レイラとコバンとできるだけ一緒に過ごしながら、
少しずつ続けようと思います。


関連記事
にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへ
にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへ

コメント(0)

There are no comments yet.